夫がコロナ陽性になった時のこと❶
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

夫がコロナ陽性になった時のこと❶

こんにちは
最近は周りの友人もほぼ新型コロナウィルスのワクチンを2回終えて、1年半ぶりに会おうという知らせをもらったり、また日常が戻ってくるような兆しが見え隠れしています。

心身穏やかな暮らしというのは、このご時世、なかなかにハードルが高い。

今年の3月などは特にそれを痛感していました。

夫が新型コロナウィルスに感染していた時のことをコミックエッセイにして読んでもらいたい、と思ったきっかけはこの記事です。

『ある日突然こっち側 ハッシュタグ「コロナ陽性」が救う』

誰でもコロナ陽性者になり得る環境で、コロナ差別に怯えたり不確かな原因を探って疑心暗鬼に陥る心境を救うのは、同じ経験をした人と苦しみを共有すること。

アメリカでのお話なので日本とは違う環境ではありますが
ジャスパーの経験がどこかの誰かにとって良い情報や勇気になるといいなと願ってSNS用に描きました。

ドキドキ・・・

まずはマガジンを読んでくれているティッツだけの公開でよろしくお願いします。

画像1

画像2

画像3

画像4

この続きをみるには

この続き: 0文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
SNS向け漫画もそうではないマンガも、毎週火曜日に一旦このアトリエで先に読めます。 コミックエッセイに加え、長編漫画のラフやプロット・キャラクターデザインも、何度も描き直すマンガの1稿、2稿、その思考プロセスやチームメイトとの作戦会議など、るびーのアトリエ内での創作活動、ほぼ全てがここにあります。 作品が表舞台でスポットライトを浴びる前の姿を最終チェックまで話せます。

ここは、るびーマンガの裏舞台を覗ける場所。好奇心爆発、ほぼフィルターなしの天真爛漫さが開花し、自由主義のままに創作するるびーがいる場所です…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
るびー

サポートを頂けると、とても励みになります。

Thank You♡
マンガ家(コルク所属)有料マガジン『るびーのアトリエ』を2020年8月に開設。『#いくらなんでも愛しすぎ』電子書籍発売中