見出し画像

猫と鶏を召喚するムービーナイト

こんにちは!ティッツ♡

最近めっちゃ苦手なホラー映画を観ております。

苦手というか・・怖い場面に近づくとジタバタ転げ回ったり全身を強張らせたりするから見終わった後、身体が痛い!!特にここ数年は赤ちゃんのママモードだったので観る気もしなかったホラー映画を今季はハロウィンムードに乗せられて観てます。

対して夫のジャスパーは超ホラー映画好き。ホラー映画の監督をしてたこともあるし、今もホラー映画の脚本をちまちま書いているので、やはり職業柄(?)微動だにしない。

(ホラー映画に全く免疫がなくなったるびーを考慮して)今週の映画ナイトに選んだのはこちら↓

画像1

若い花嫁グレースが嫁いだ先はボードゲームで資産を築いた富豪一族ル・ドマス家。結婚式の後、夫に「結婚式よりも大事なイベントが今夜あるんだ・・」と、突然告げられ、ル・ドマス家の人間しか入れないゲームの間に通される。そこで参加するゲームは・・・なんと最低最悪の「かくれんぼ」

こんな感じのあらすじっす!

ビクビクしながらも、俳優陣が美しいし、美術スタッフの優秀さが衣装やインテリアなど各所に見れるので、せめてお茶を入れてゆったり見ようとしていた時のことでした・・

この続きをみるには

この続き: 279文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
SNS向け漫画もそうではないマンガも、毎週火曜日に一旦このアトリエで先に読めます。 コミックエッセイに加え、長編漫画のラフやプロット・キャラクターデザインも、何度も描き直すマンガの1稿、2稿、その思考プロセスやチームメイトとの作戦会議など、るびーのアトリエ内での創作活動、ほぼ全てがここにあります。 作品が表舞台でスポットライトを浴びる前の姿を最終チェックまで話せます。

ここは、るびーマンガの裏舞台を覗ける場所。好奇心爆発、ほぼフィルターなしの天真爛漫さが開花し、自由主義のままに創作するるびーがいる場所です…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートを頂けると、とても励みになります。

キューン♡
9
マンガ家(コルク所属)有料マガジン『るびーのアトリエ』を2020年8月に開設。『#いくらなんでも愛しすぎ』電子書籍発売中