見出し画像

着エロって言うなら「着衣」が見たい

おはようございます!

ずーっとやりたいなぁと思ってたことを4日前から始めました。

着エロを描く。

「着エロ」ってワードが自分のインスタライブのコメントで出てきた時、初めて見るワードに目を凝らし「なんですか?ちゃくえぐち?」と言ってしまったけれど、調べてみたら2003年くらいにできた言葉らしいです。(恥ずかしながら、最近まで全く知りませんでした。)

着エロ = 着衣 エロティシズム

おお〜、着衣にエロティシズム感じるってめっちゃわかるー。いい言葉やなぁ、と思って、「着エロ」で画像検索してみたら、モヤっとしてしまった。ただのエロやん。

画像1

変態・・・

いや、なんか言い方間違えたな。

友人、ごめん。

前面に出てるのはあくまで服、それが情感たっぷりでエロい

って言うのを「着エロ」って言葉から想像してた。


昔からある「着エロ」見てみよ。

春画の最高峰、喜多川歌麿とか↓

画像3

画面、ほぼ「衣」。

この女性の赤い襦袢と男性の水玉模様の紗の着物の描写がめちゃエロ。写実じゃない服のシワが異様にドリーミー。

透け感、素材感、布の重なり、柄のテンポと質感のコントラストが小宇宙を生んでエロを無限に想起させる。

着衣 エロティシズムって言ったらこういうの。 

(言語化したら更に変態っぽい)

変態なら変態なりに追求しようと思って、4日前から服メインの着エロを朝に30分間、描いてみました。

この続きをみるには

この続き: 657文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
SNS向け漫画もそうではないマンガも、毎週火曜日に一旦このアトリエで先に読めます。 コミックエッセイに加え、長編漫画のラフやプロット・キャラクターデザインも、何度も描き直すマンガの1稿、2稿、その思考プロセスやチームメイトとの作戦会議など、るびーのアトリエ内での創作活動、ほぼ全てがここにあります。 作品が表舞台でスポットライトを浴びる前の姿を最終チェックまで話せます。

ここは、るびーマンガの裏舞台を覗ける場所。好奇心爆発、ほぼフィルターなしの天真爛漫さが開花し、自由主義のままに創作するるびーがいる場所です…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートを頂けると、とても励みになります。

キューン♡
18
マンガ家(コルク所属)有料マガジン『るびーのアトリエ』を2020年8月に開設。『#いくらなんでも愛しすぎ』電子書籍発売中

こちらでもピックアップされています

るびーのアトリエ
るびーのアトリエ
  • ¥980 / 月
  • 初月無料

ここは、るびーマンガの裏舞台を覗ける場所。好奇心爆発、ほぼフィルターなしの天真爛漫さが開花し、自由主義のままに創作するるびーがいる場所です! 完成品はその制作過程を知ることでもっと面白くなると本気で信じてるティッツUPな楽しみが集るアトリエです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。