地雷だらけの飴色玉ねぎで大喧嘩
見出し画像

地雷だらけの飴色玉ねぎで大喧嘩

こんにちは!

今週のスーパーマーケットはどこへ行っても長蛇の列。アメリカの感謝祭(サンクスギビングデー)が3日後にあるからです。

サンクスギビングデーとは、由来や歴史の話すっ飛ばして感覚的なこというとクリスマスの1ヶ月前にクリスマスの飾り付けの家の中でクリスマスと似たようなご馳走を食べてクリスマスに会うメンバーとお祝いしようや・・・っていうイベントです。

(じゃあ、クリスマスにやれ!!)

って毎年思うんですけどね。私の理解が及ばないレベルでアメリカでは大事にされてるイベントなので、今年もやります!


月曜日の朝に夫と車で食材を買い込んできたのですが、帰り道に大喧嘩。

時間にしたら10分くらいだけど、お互いの逆鱗に触れヒートアップ。急遽、近くにあった公園に車止めちゃいました。

紅葉が美しくのどかな公園が修羅場と化し

鬼の形相で向かい合っている夫婦喧嘩の原因とは・・・・

玉ねぎ。

サンクスギビングデーに玉ねぎが入ってる料理があるので飴色玉ねぎペーストを作ろうとしてたんです。

画像9

料理する度にペリペリ玉ねぎの皮むいて目を半開きで涙溜めながら切る作業がすごくまどろっこしくて嫌いなので、いつも20個くらい一気に刻んでじっくり炒めて玉ねぎペーストとして保存食用のジャム瓶に入れちゃいます。

20個も切ってると当然目が痛くなるんですけど、私の比較的平たいモンゴリアン由来の顔の骨格と夫のイタリア南部人由来のほりの深い骨格では玉ねぎから空気中に分散される硫化アイルの吸収率(??)が違うらしく、私が玉ねぎ切ってる横で、夫が((うそだろ?))ってくらい激しくダメージを受けてのたうちまわっているってことがよくあった。

(顔の骨格別玉ねぎダメージ、誰か検証したことあるんだろうか?)

そこで提案。

画像8

ワタシ オニオンペースト ナントカ 作ルカラ 協力シテクレ

と七國山病院からの電報くらい簡潔に伝えたところ

画像3

「家族を犠牲にする」

地雷ワードでファイヤーーーー!

画像7

これ、吉本ユータヌキさんがマンガ化しているので知りました。#キヅク自分設計で検索すると出てくるFacebookの知恵タンク。(画像にリンク貼ってます)

双方の「前提を伝える工夫」と「前提を確認する工夫」、これが無いまま地雷ワードが出たので会話は更なるズレに突入します。

画像8

このセリフで私も夫の地雷を踏んだ。

画像8

玉ねぎペーストの話をしているようで、お互いを否定する領域へブッ飛びます。

この続きをみるには

この続き: 653文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
SNS向け漫画もそうではないマンガも、毎週火曜日に一旦このアトリエで先に読めます。 コミックエッセイに加え、長編漫画のラフやプロット・キャラクターデザインも、何度も描き直すマンガの1稿、2稿、その思考プロセスやチームメイトとの作戦会議など、るびーのアトリエ内での創作活動、ほぼ全てがここにあります。 作品が表舞台でスポットライトを浴びる前の姿を最終チェックまで話せます。

ここは、るびーマンガの裏舞台を覗ける場所。好奇心爆発、ほぼフィルターなしの天真爛漫さが開花し、自由主義のままに創作するるびーがいる場所です…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
るびー

サポートを頂けると、とても励みになります。

嬉しい・・♡
マンガ家(コルク所属)有料マガジン『るびーのアトリエ』を2020年8月に開設。『#いくらなんでも愛しすぎ』電子書籍発売中